連載

「万葉古道」を尋ねて

万葉の時代の暮らしを支えた「古道」。わずかな手掛かりを頼りにいにしえの道を尋ねます。

連載一覧

「万葉古道」を尋ねて

交流・別れ・流浪/81 吉野/22 日本固有の草花 独自に進化 /奈良

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ヤマユリは世界のユリの中でも大きく豪華な日本列島固有種
ヤマユリは世界のユリの中でも大きく豪華な日本列島固有種

 「本草和名」の和名の扱いをみると、先人たちが本草書を知る前から、植物には広く名が付いていたことがうかがえる。野の草は食、薬用にもした。有毒かどうか、という知識を子らに伝えるためにも、名は不可欠だった。

 日本列島は、南北に長く、高度差は海辺から樹木が育たなくなる森林限界の上まである。列島の生物は、列島が大陸から離れた後、複雑な環境に適応して独自に進化した固有種が豊富だ。そうした多様な植物構成が本草を学ぶ者を戸惑わせたこともあっただろう。「本草」には複数の和名が付いた薬草が少なくない。

この記事は有料記事です。

残り1510文字(全文1754文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集