サミット首脳宣言 要旨

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
サミット2日目、記念撮影するG7と招待国の首脳ら。2列目左端は菅義偉首相、前列右から2人目は文在寅韓国大統領=英コーンウォールで2021年6月12日(Andrew Parsons/英首相官邸提供)
サミット2日目、記念撮影するG7と招待国の首脳ら。2列目左端は菅義偉首相、前列右から2人目は文在寅韓国大統領=英コーンウォールで2021年6月12日(Andrew Parsons/英首相官邸提供)

 ▽前文

 G7首脳は英国コーンウォールで集い、世界中で新型コロナウイルスに打ち勝ち、より良い回復を図ることを決意した。多国間主義やルールにのっとった国際秩序に基づき行動する。民主的な社会として人権を擁護し、法の支配を尊重し、繁栄を共有するための国際機関の取り組みを支持。

 ▽保健

 新型コロナのパンデミック(世界的大流行)終息の目標を2022年に設定。来年にかけて10億回分のワクチンを供給。

 ウイルスの起源について透明性のある調査を中国などで改めて実施するよう世界保健機関(WHO)に要請。

この記事は有料記事です。

残り900文字(全文1145文字)

あわせて読みたい

注目の特集