新型コロナ 全日空、初の職域接種 乗務員ら対象 日航も実施

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 全日本空輸は13日、新型コロナウイルスワクチンの職域接種を始めた。グループ会社の社員約4万6500人が対象で、国際線のパイロットや客室乗務員約1万人をまず優先させる。当面は1日300人の接種を目指し、順次拡大する。政府がワクチン普及加速のため職域接種の導入を打ち出して以降、企業の実施例は初めてと見られる。

 13日は午前11時から羽田空港の会議室を使って接種を開始。国際線の乗務員が次々と予診票を持って受け付けを済ませ、係員から接種スペースに案内されると、医師の問診を経てワクチンの接種を受けた。その後、待機スペースで15分間待ち、体調不良がないか様子を見た。

この記事は有料記事です。

残り343文字(全文624文字)

あわせて読みたい

注目の特集