特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

大規模接種センター 接種券持つ64歳以下も対象に 17日以降

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
新型コロナウイルスワクチンの接種を受ける人=東京都千代田区の大手町合同庁舎3号館で2021年5月24日午前8時16分(代表撮影)
新型コロナウイルスワクチンの接種を受ける人=東京都千代田区の大手町合同庁舎3号館で2021年5月24日午前8時16分(代表撮影)

 自衛隊が東京と大阪に開設した新型コロナウイルスワクチンの大規模接種センターで16日、全国の18~64歳を対象とした予約の受け付けが始まる。予約枠の空きを減らす方策として、防衛省が15日に発表した。

 予約の受け付けは17日以降の接種が対象。電話予約は午前7時~午後9時に、インターネットを経由した予約は24時間にわたり、それぞれ受け付ける。市区町村から配られる接種券が必要。予約が埋まらない場合は、自衛官や警察官ら危機管理に携わる公務員への接種を実施する方針だ。

 センターの接種能力は東京会場が1日最大1万人分、大阪会場は5000人分。防衛省はセンターをフル活用するため、15日午後の会合で64歳以下の接種に踏み切ることを決めた。15日午後5時現在、16~27日の予約枠は全体の6割程度の11万8087人分が空いている。内訳は東京で7割程度の8万5232人分、大阪で5割程度の3万2855人分。21~27日の予約枠は両会場とも8割超が埋まっていない。

この記事は有料記事です。

残り176文字(全文601文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集