特集

SUNDAY LIBRARY

毎日新聞デジタルの「SUNDAY LIBRARY」ページです。「サンデー毎日」の書評「SUNDAY LIBRARY」の記事を掲載します。

特集一覧

SUNDAY LIBRARY

小林 聡美・評『星野道夫 約束の川』『なくなったら困る100のしあわせ』

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

非・読書家の能力を生かし時間をかけて読みたい本

◆『星野道夫 約束の川』星野道夫・著(平凡社/税込み1540円)

◆『なくなったら困る100のしあわせ』松浦弥太郎・著(SB Creative/税込み1595円)

 読書家でない私は、本を読むのがとても遅い。「速読」「瞬読」という技もあるそうで、今は子どもの学習塾でも本を早く読む方法を教授しているとか。10分で一冊が読めるって、どういうことだろう。私の知り合いが速読の講座を受け、そこでは毎回パソコンを見ながら目のトレーニングをするそうだが、普段使わない目の周りの筋肉を酷使するからか、家に帰ると必ず鼻血が出たそうだ。まさに血のにじむトレーニング。ちなみに彼女は途中で挫折した。

 一冊をあっという間に読めたら、どんなにたくさんの本が読めるだろう、という希望もわくが、なにもそんなに急いで読まなくたっていいじゃないの、という気もする。むしろ、早く読んではいけない本もあるのだ。

この記事は有料記事です。

残り1101文字(全文1510文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集