特集

SUNDAY LIBRARY

毎日新聞デジタルの「SUNDAY LIBRARY」ページです。「サンデー毎日」の書評「SUNDAY LIBRARY」の記事を掲載します。

特集一覧

SUNDAY LIBRARY

著者インタビュー 中村桃子『「自分らしさ」と日本語』

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

正誤はひとまず置いといて日本語の豊かさに気付いてほしい

◆『「自分らしさ」と日本語』中村桃子・著(ちくまプリマー新書/税込み946円)

 あなたは自分のことを何と呼ぶだろうか。私・あたし・僕・うち……。どの人称詞を使うかで、人は意識的あるいは無意識的に〝自分らしさ〟を表現しているという。

 こうした事例を挙げて、言葉によって形成される人と人との上下や距離感、社会的な在り方を考察する中村桃子さんに、言葉との関わり方について伺った。

「英語が大好きだったので、青山学院大学の英文科に進みました。文学も好きだったので、張り切って自分たちで小説を書くクラブを作ったりして。でも授業では他人の批評を聞くだけで、作品を書くようなことは一切ナシ。これじゃダメだなと思って英語学に目標を変えて、大学院では言語学を専攻したんです」

この記事は有料記事です。

残り1079文字(全文1433文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集