AI婚活♡腕鳴る仲人 ズーム面談、人間力で橋渡し

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルスの影響で大きく減った男女の出会いの機会。従来は対面形式だったお見合いは時代の波にも乗ってオンラインの需要が増え、マッチングなどに人工知能(AI)が活用されている。一方、そんな世界に飛び込み、利用者の心の機微に寄り添って後押ししているのは昔ながらの仲人だった。

 2021年5月14日の午後、三重県在住の会社員、近藤幸子さん(30)=仮名=が自宅でスマートフォンを見つめながら顔をほころばせていた。画面越しに仲人の横山茉鈴(まりん)さん(25)から「気持ちの変化はありますか」と尋ねられると、「前向きな心境です。車で1時間以内の距離に住む人に会えるといいですね」と話し始めた。

 利用するのはITベンチャー「いろもの」(東京都渋谷区)が19年2月から運営するオンライン結婚相談所「naco-do(なこうど)」。従来の結婚相談所と同様に、入会するには▽結婚していない▽男性は無職ではないこと――などの条件がある。会員になると、プロフィルや仲人とのチャットの内容をAIが分析し、相手に希望する居住地や年収などを踏まえた上で性格的にも相性が良い異性を優先的に紹介。さらに仲人との定期的…

この記事は有料記事です。

残り2013文字(全文2509文字)

あわせて読みたい

注目の特集