多気の北林さん、油彩画52点展示 玉城、20日まで /三重

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
新たな境地を開いた柿渋を使った作品と北林さん=三重県玉城町宮古のギャラリーボナール伊勢玉城館で2021年6月11日、小沢由紀撮影
新たな境地を開いた柿渋を使った作品と北林さん=三重県玉城町宮古のギャラリーボナール伊勢玉城館で2021年6月11日、小沢由紀撮影

 多気町相可の北林かよさん(80)の個展が玉城町宮古のギャラリーボナール伊勢玉城館で開かれている。50代に差し掛かったころ、同僚に誘われて絵筆を握った北林さんは、松阪市の洋画家・岩佐義寛さん(2018年9月死去)の指導を受けて、めきめきと上達。00年に松阪市市展奨励賞を受賞し、同展のほか、県展や二科展、日本・フランス現代…

この記事は有料記事です。

残り243文字(全文404文字)

あわせて読みたい

注目の特集