連載

ひと人

大阪府で活躍する人を紹介します

連載一覧

ひと人

ウイルス対策に挑戦 大阪大感染症総合教育研究拠点長・松浦善治さん(65)=吹田市 /大阪

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
松浦善治・大阪大感染症総合教育研究拠点長=大阪府吹田市で、松本光樹撮影
松浦善治・大阪大感染症総合教育研究拠点長=大阪府吹田市で、松本光樹撮影

社会全体、関心ある今こそ

 2020年から続く新型コロナウイルスの感染拡大では、多数の感染者、死者が出ただけでなく、経済や国民生活の混乱、医療崩壊も経験した。長年ウイルスの研究者として活躍してきたが、「これほどまでの状況になるとは想像できなかった」と振り返る。3月に定年を迎えたが、4月に大阪大に立ち上がった「大阪大感染症総合教育研究拠点」の拠点長に就任。「拠点を足がかりに、次のパンデミックに備えた体制を整えたい」と研究人生の第2章へと踏み出した。

 拠点は、他のこれまでの感染症の研究拠点とは違い、今回の教訓を生かした3部門からなるユニークな組織になっている。

この記事は有料記事です。

残り1247文字(全文1527文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集