パレスチナに警戒感 イスラエル新政権、入植推進恐れ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 イスラエルで13日発足したベネット政権に対し、パレスチナ側が警戒感を示している。ベネット氏はネタニヤフ前首相より強硬な右派とされ、パレスチナ国家の樹立に否定的な立場のためだ。

 地元メディアによると、パレスチナ自治政府のシュタイエ首相は14日、中東和平に消極的だったネタニヤフ氏の退陣について「暗黒の時代が終わった」と歓迎した。だがベネット政権についても「前政権より危険でないとは言えない」と警戒し、「新政権はすぐに占領政策を中止し、パレスチナ人に権利…

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文567文字)

あわせて読みたい

注目の特集