特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナ 1000人未満もワクチン集団接種 同友会、中小企業対象

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 経済同友会は15日、会員(個人)が所属する、従業員1000人未満の企業を対象に、21日から順次、新型コロナウイルスワクチンの集団接種を始めると発表した。貸会議室大手ティーケーピー(TKP)から会場などの提供を受ける。

 職場接種は最低1000人の規模が必要で、後回しの懸念がある中小企業の接種を急ぐのが狙いだ。

 TKPは20の都道府県で展開する134カ所の会議室を職場接種の会場として無償提供すると発表しており、当初はこのうち東京都内の2カ所で始める。希望した118社の従業員、家族ら約4万3000人が対象。今後、地方でも同様の集団接種ができるよう準備を進めている。桜田謙悟代表幹事と、同友会幹事でもあるTKPの河野貴輝社長が15日、東京都内で記者会見を開き発表した。

この記事は有料記事です。

残り124文字(全文458文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集