特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

「五輪とワクチン」で夏の賭け 首相、期待と焦り 通常国会閉幕

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
国会が閉会し、あいさつ回りをする菅義偉首相(手前)=国会内で2021年6月16日午後1時19分、竹内幹撮影
国会が閉会し、あいさつ回りをする菅義偉首相(手前)=国会内で2021年6月16日午後1時19分、竹内幹撮影

 第204通常国会が16日閉会した。秋の衆院解散・総選挙をにらむ菅政権の浮沈は、ひとえにそれまでの新型コロナウイルス対策の成否にかかる。菅義偉首相が掲げた東京オリンピック・パラリンピックの「安全安心」な開催と、国民へのワクチン接種の進展が、衆院選を左右する大きな「夏の賭け」となりそうだ。

「五輪成功と接種加速で支持率は好転」

 「ワクチン接種は予想を上回るスピードで進んでいる」。首相は15日の政府与党連絡会議で、主要7カ国首脳会議(G7サミット)で得た五輪開催への「支持」を踏まえ、コロナ対策に全力を挙げる考えを改めて強調した。

 1月18日に召集された今国会は、前年に続いてコロナに議論が集中した。150日間の会期中、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置が全く出ていなかったのはわずか14日間という異例の国会で、首相は「後手に回っている」と世論の批判を浴び、内閣支持率の低迷が続いてきた。

 だが最近、政権幹部の間では、こんな楽観論が支配的になりつつある。

 「東京五輪が一定の成功を収め、国民にワクチン接種が進めば、秋に支持率は好転するはずだ」

 安倍前政権の「遺産」でもある五輪の開催は、後継の菅首相にとって譲れない一線だ。ある閣僚は「日本中が暗くなっている中で、コロナと闘う象徴的な五輪として、絶対に開催すべきだ」とも主張する。

 制限付きとはいえ観客を入れれば、盛り上がりを一層内外にアピールできるだけに、政府内では「今やっているプロ野球と五輪の何が違うのか」と容認する声が多い。政府は五輪中の感染状況に応じて観客数の上限を変更する想定で、コロナ対策の万全さを訴えたい考えだ。ただし、開催によって観客や一般国民に感染が拡大した場合、政権が強い批判にさらされるのは確実で、五輪はもろ刃の剣と言える。

 一方、首相が「切り札」と繰り返す国民へのワクチン接種は…

この記事は有料記事です。

残り1906文字(全文2681文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集