米露会談、プーチン氏遅刻せず バイデン氏「待ちぼうけ」なく

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
首脳会談の会場に入る前に報道陣に手を振るプーチン露大統領。後ろ姿はバイデン米大統領=スイスのジュネーブで2021年6月16日、AP
首脳会談の会場に入る前に報道陣に手を振るプーチン露大統領。後ろ姿はバイデン米大統領=スイスのジュネーブで2021年6月16日、AP

 バイデン米大統領とプーチン露大統領は16日、スイスのジュネーブで会談した。「遅刻常習魔」として知られるプーチン氏だが、この日は時間通りに会談場所に到着し、周囲を驚かせる形となった。

 会談場所は、普段は市民の憩いの場となっている公園の小高い丘にある歴史的建造物。18世紀に邸宅として造られたものだ。プーチン氏が午後1時過ぎに到着し、バイデン氏はその約15分後に着いた。その後、2人はホスト役のパルムラン・スイス大…

この記事は有料記事です。

残り310文字(全文516文字)

あわせて読みたい

注目の特集