特集

河井夫妻選挙違反事件

自民党に所属していた河井克行前法相と妻の案里元参院議員が、19年参院選を巡る公選法違反容疑で逮捕されました。

特集一覧

選挙買収事件 受領現金「寄付せず」 広島市議、公判証言を覆す

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
公判の証言を覆した経緯を説明する今田良治広島市議=広島市議会で2021年6月15日午前11時39分、中島昭浩撮影
公判の証言を覆した経緯を説明する今田良治広島市議=広島市議会で2021年6月15日午前11時39分、中島昭浩撮影

 2019年参院選広島選挙区を巡る大型買収事件で現金50万円を受領していた今田良治・広島市議(74)が15日、河井克行元衆院議員=公職選挙法違反で公判中=の裁判で「受け取った金はまちづくり団体に寄付した」とした証言を覆し、「寄付はしていない」と証言が虚偽だったことを認めた。偽証罪に問われる可能性があるが、「寄付の口約束をしていたので間違ってはいない」などと反論。市議会に説明した「(寄付金は)団体から返金された」も事実と異なり、今田市議は「訂正はしていない。申し訳ありません」と謝罪したが、議員辞職は否定した。【中島昭浩、賀有勇】

 今田市議は20年11月、東京地裁であった河井被告の公判に証人として出廷し、19年3月と6月に計50万円を受け取ったが、12月に「二つの団体に全額寄付した」と証言した。

この記事は有料記事です。

残り518文字(全文868文字)

【河井夫妻選挙違反事件】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集