特集

カルチャープラス

カルチャー各分野をどっぷり取材している学芸部の担当記者が、とっておきの話を報告します。インタビューの詳報、記者会見の裏話、作品やイベントの論評など、さまざまな手法で、カルチャー分野の話題の現象を記者の視点でお伝えします。

特集一覧

移民問題から読み解く日本社会 気鋭の社会学者に聞く影響の複雑さ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「入管法改悪阻止」を訴えた市民ら=東京都千代田区で2021年4月21日午後3時、井田純撮影
「入管法改悪阻止」を訴えた市民ら=東京都千代田区で2021年4月21日午後3時、井田純撮影

 「移民問題」は単に移民の問題ではなく、社会の問題でもある――。2020年に刊行された「移民と日本社会」(中公新書)は、豊富な実証的データを示しながら移民と社会の関係を多面的に読み解き、移民にまつわるさまざまな印象を覆す。「移民の受け入れが社会に与える影響は複雑で、いくつもの要因がある。移民や受け入れ制度に問題を焦点化することで、背景にある社会自体の問題が隠されてきました」と著者の永吉希久子・東京大准教授は指摘する。

 永吉さんも参加した研究グループによる17年の意識調査では、「日本に住む外国人が増えるとどのような影響があると思うか」という問いの2項目「犯罪発生率が高くなる」「治安・秩序が乱れる」について、同意を示した人がいずれも6割を超え、ネガティブな影響への懸念が示された。実際、17年の移民の犯罪率は、日本の総人口における一般刑法検挙人員数割合が0・2%だったのに対し、0・4%程度とされる。だが、これを基に…

この記事は有料記事です。

残り2782文字(全文3192文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集