「人生イコール体操」 白井健三引退会見「貴重な体験を後輩に」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者の質問に答える体操の白井健三選手=横浜市青葉区で2021年6月16日午後2時25分、梅村直承撮影
記者の質問に答える体操の白井健三選手=横浜市青葉区で2021年6月16日午後2時25分、梅村直承撮影

 2016年リオデジャネイロ五輪の体操男子団体総合優勝に貢献した白井健三(24)=日体大教=が16日、横浜市内で記者会見し、「未練は一つもない」と現役引退を表明した。「エネルギーを向ける方向が後輩へと変わってきた」と心境を明かし、今後は日体大男子体操競技部コーチとして後進の指導に当たる。会見の主な内容は次の通り。

 本当にすっきりした状態で現役生活を終えることができて、今後の自分のやりたいことに向かって歩みを始めている。選手としての未練は一つもない状態で会見を迎えることができた。

この記事は有料記事です。

残り504文字(全文745文字)

あわせて読みたい

注目の特集