特集

第101回全国高校ラグビー

第101回全国高校ラグビー大会(12月27日~1月8日)の特集ページです。

特集一覧

全国高校ラグビー開催要項決定 シード13校は東西考慮せずに決定

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
東大阪市花園ラグビー場=本社ヘリから北村隆夫撮影
東大阪市花園ラグビー場=本社ヘリから北村隆夫撮影

 第101回全国高校ラグビー大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会、全国高校体育連盟、大阪府、大阪府教委主催)の第1回実行委員会が15日、オンラインで開かれ、大会要項が承認された。要項ではシード13校の選出方法について、従来の東西区分制を廃止して今春の全国選抜大会8強校を優先的に選出することなどを決定した。

 2回戦から登場するシード校は例年、各大会の成績や大会シード委員による戦力分析を基に、特に評価の高いAシード3校と、Bシード10校(東西各5校)を選んできた。今大会は全国選抜大会8強にシード権を与える。残りの5枠とA、Bの評価についてはシード委員による選考で決定する。全国選抜大会8強校が本大会出場を逃した場合は、シード委員の検討枠を増やす。

この記事は有料記事です。

残り262文字(全文585文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集