連載

終活ナビ

毎日新聞デジタルの「終活ナビ」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

終活ナビ

退職金、一時金と年金どちらで?

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
平田純子 ファイナンシャルプランナー 生活の窓口相談員
平田純子 ファイナンシャルプランナー 生活の窓口相談員

 Q 退職金、一時金と年金どちらで?

 約37年間勤務した会社をまもなく定年退職します。退職金の受け取り方について、一時金で受け取るか、年金で受け取るかを決める必要があるのですが、決め方を教えてください。(50代、男性)

課税や資産管理を考えて

 A 定年退職を前に勤務先から退職金の受け取り方の選択を求められることがあります。選択肢として、一時金、年金、一時金と年金併用――というパターンが用意されていることが一般的です。

 退職金の受け取り方によって税金が変わるので要注意です。退職一時金には退職所得控除という大きな非課税枠があり、勤続37年で退職した場合の控除額は1990万円となります。この部分には税金が掛かりません。さらに退職一時金は他の所得とは分けて課税される方式(分離課税)のため、税率が低く抑えられます。他方、年金で受け取る場合の税金は、他の所得と合算した上で税率が決まる総合課税ですので、年間所得の合計額によ…

この記事は有料記事です。

残り605文字(全文1014文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集