かながわ経済 川崎信金20年度決算 貸出金残高875億円増 バブル期並み /神奈川

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 川崎信用金庫(川崎市川崎区)は2020年度決算を発表した。コロナ禍で実質無利子・無担保の融資を重ねた結果、貸出金残高がバブル期の1990年度に次ぐ875億円の伸びを記録した。

 貸出金残高は1兆2864億円で7・3%の増加。預金積金もコロナ関連の各種給付金の受け皿となり、残高が9・0%増えて2兆18…

この記事は有料記事です。

残り198文字(全文348文字)

あわせて読みたい

注目の特集