郷土史発掘、会報一冊に 三訪会が合本作製し寄贈 尾道 /広島

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
会報の合本を手にする三訪会のメンバー=広島県尾道市美ノ郷町三成で、渕脇直樹撮影
会報の合本を手にする三訪会のメンバー=広島県尾道市美ノ郷町三成で、渕脇直樹撮影

 尾道市美ノ郷町三成地区の郷土史発掘に取り組む「三成学区の歴史と自然を訪ねる会(三訪会)」が、会報の合本を作製し、地元図書館などに寄贈した。

 三訪会は歴史好きの有志約80人が2002年4月に設立。地区外を含む125人が活動する。山城探訪や古文書読解、地元古老への聞き取りなどに取り組み、地元児童の総合…

この記事は有料記事です。

残り224文字(全文374文字)

あわせて読みたい

注目の特集