いつでもどこでも本の貸し出し 西条市、電子図書館開設 返却もスマホで /愛媛

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 西条市は16日、電子図書館を開いた。新型コロナウイルス感染対策の一環。利用登録をすれば図書館を訪れなくても、“いつでも、どこでも”オンラインで、パソコンやスマートフォンを使って本を借りて読めるようになった。

 開始当初は、絵本や時代小説、趣味の本など約1700冊。2021年度内に約4200冊に増やす予定だ。キャンプや登山に重い本を持参しなくても、スマホ一つあれば、読書や調べ物ができる。

 書籍のデータの保管場所にスマホなどで接続して読む仕組み。貸し出しや返却の手続きも端末上でワンタッチでできる。登録には市内の西条、東予、丹原、小松温芳の4図書館への利用申請書の提出が必要。西条図書館では電話(0897・56・2668)やメール(saijotoshokan@saijo-city.jp)でも受け付ける。市の図書館利用カードなどで本人確認して、IDとパスワードを発行する。

この記事は有料記事です。

残り170文字(全文556文字)

あわせて読みたい

注目の特集