新型コロナ 感染拡大で倒産相次ぐ 熊本・鹿児島 30件負債36億7100万円 /熊本

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 東京商工リサーチ熊本支店と鹿児島支店が発表した新型コロナウイルス関連倒産状況によると、熊本、鹿児島両県の倒産は計30件となり、負債総額は計36億7100万円に上った。感染拡大に伴う外出自粛や飲食店の休業・時短営業、酒類提供制限などが地域経済に影を落としている。

 倒産件数と負債総額は、熊本が21件・25億4500万…

この記事は有料記事です。

残り238文字(全文396文字)

あわせて読みたい

ニュース特集