政府、9都道府県の緊急事態宣言解除を決定

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
新型コロナウイルス感染症対策本部の会合で沖縄を除く9都道府県の緊急事態宣言の解除などについて発言する菅義偉首相=首相官邸で2021年6月17日午後5時14分、竹内幹撮影
新型コロナウイルス感染症対策本部の会合で沖縄を除く9都道府県の緊急事態宣言の解除などについて発言する菅義偉首相=首相官邸で2021年6月17日午後5時14分、竹内幹撮影

 政府は17日夕、新型コロナウイルス感染症対策本部を首相官邸で開き、沖縄を除く9都道府県の緊急事態宣言を、期限の20日で解除し、このうち東京、大阪など7都道府県をまん延防止等重点措置に切り替えることを決定した。宣言を延長する沖縄も含め、期間は7月11日までとする。

 菅義偉首相は本部会合で「感染が再拡大し、医療逼迫(ひっぱく)の兆しが見られた場合は対策強化を含め、機動的に対処する」と表明。また、「ワクチン接種は今月末に4000万回を超える見込みで、7月末には全市町村で希望する高齢者への2…

この記事は有料記事です。

残り368文字(全文613文字)

あわせて読みたい

注目の特集