立憲・枝野氏、共産との連立政権を否定 「理念で違う部分ある」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
立憲民主党の枝野幸男代表=国会内で2021年6月14日午後6時12分、竹内幹撮影
立憲民主党の枝野幸男代表=国会内で2021年6月14日午後6時12分、竹内幹撮影

 立憲民主党の枝野幸男代表は17日、東京都内で開かれた連合中央執行委員会の会合に出席し、次期衆院選に向けた共産党との協力について「理念で違う部分があるので共産党との連立政権は考えていない。共有政策でのパーシャル(部分的)な連携や候補者一本化に努力したい」と述べた。会合は非公開で、枝野氏が終了後、記者団に発言内容を明らかにした。

 連合内には、歴史的に対立した経緯がある共産に対し、立憲が接近することへの警戒感がある。枝野氏は共産と連立政権を組まないことについて「私は従来、神津(里季生)会長などには話をしていたが、改めて連合の皆さんにお伝えをした」と説明した。

この記事は有料記事です。

残り507文字(全文787文字)

あわせて読みたい

注目の特集