特集

ミャンマークーデター

ミャンマー国軍がクーデターを起こし、アウンサンスーチー氏らを拘束。市民や国際社会からは抗議と批判が相次いでいます。

特集一覧

ミャンマーのサッカー選手が帰国拒否 「命の危険」難民申請へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 5月に千葉市で行われたサッカー・ワールドカップ(W杯)予選試合で、クーデターを起こしたミャンマー国軍への抗議を示す3本指を掲げた同国のピエリヤンアウン選手(27)が16日、帰国を拒否した。17日未明、関西国際空港で支援者と合流し「自分の意思で帰国を拒否した。難民申請する」と報道陣に語った。

 日本政府は5月、緊急避難措置として、日本在留の継続を望むミャンマー人に在留延長を認めると発表していた。同選手は他の選手とともに16日深夜、関空から帰国の途に就く予定だった。

 同選手は関空で報道陣に「帰国したら命の危険があるので日本に残ることを決めた。しばらく日本に滞在したい」と語った。日本には「これからもミャンマーを助けてほしい」と訴えた。他選手や家族の身の安全への心配も示した。

この記事は有料記事です。

残り565文字(全文903文字)

【ミャンマークーデター】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集