戦略的安定対話の開始で一致 米露首脳会談

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
バイデン米政権発足後初めての直接会談で握手するロシアのプーチン大統領(左)とバイデン大統領=ジュネーブで16日、タス共同
バイデン米政権発足後初めての直接会談で握手するロシアのプーチン大統領(左)とバイデン大統領=ジュネーブで16日、タス共同

 バイデン米大統領とプーチン露大統領は16日、スイスのジュネーブで会談し、核軍縮に向けた「戦略的安定性に関する対話」を開始することで合意した。一方で、ロシアは米国の政府機関や民間企業が標的になっているサイバー攻撃への関与を否定、反体制派への弾圧も正当化し、両国の対立の根深さも浮き彫りにした。

 バイデン氏の大統領就任後、対面による首脳会談は初めて。ブリンケン米国務長官とラブロフ露外相を交えた4人の会合と他の高官も加わった拡大会合の計約3時間行われた。

 戦略的安定対話について、両首脳は共同声明を発表し「対話を通じ、将来の軍備管理と(偶発的な衝突の)リスクを低減する土台作りを目指している」と強調した。

この記事は有料記事です。

残り852文字(全文1153文字)

あわせて読みたい

注目の特集