米、奴隷解放記念日の6月19日を連邦の祝日に 議会が法案可決

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
米連邦議会=ワシントンで2017年6月、高本耕太撮影
米連邦議会=ワシントンで2017年6月、高本耕太撮影

 米下院は16日、奴隷解放記念日「ジューンティーンス」(6月19日)を連邦の祝日にする法案を賛成多数で可決した。法案は上院でも15日に全会一致で可決されており、バイデン米大統領が近く署名し、正式に祝日となる見通しだ。

 ジューンティーンスは、1865年6月19日に奴隷制度が残っていた南部テキサス州に奴隷解放の知らせが伝わったのを記念する日だ。奴隷解放宣言は南北戦争中の1863年に当時のリ…

この記事は有料記事です。

残り292文字(全文486文字)

あわせて読みたい

注目の特集