特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

福岡・北九州にまん延防止措置 県が最終調整、久留米も検討

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
服部誠太郎・福岡県知事
服部誠太郎・福岡県知事

 福岡県は17日、政府が緊急事態宣言解除後に移行する方針のまん延防止等重点措置について、対象地域を福岡市と北九州市とする方向で最終調整に入った。久留米市を含めることも検討している。人口規模が大きく、繁華街があることなどから宣言解除後も厳しい措置の継続が必要と判断したとみられる。県は17日午後に新型コロナウイルス対策本部会議を開き、方針を正式決定する見通し。

 服部誠太郎知事は17日午前、緊急事態宣言が解除された場合、一定の条件下で県内飲食店などの酒類提供を認める方針を明らかにした。服部知事は「飲食店の現在の経営状況を考えると酒の提供を認めることが必要だ。段階的な措置の緩和という中で、一定の制約や感染防止対策の徹底も必要となる」と述べた。まん延防止措置対象地域では、酒類の提供は午後7時までとすることを検討している。

この記事は有料記事です。

残り123文字(全文483文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集