特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

「宣言解除は東京五輪ありき」 ワクチン接種者から疑問の声

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
新型コロナウイルスワクチン接種の対象年齢が引き下げられた自衛隊大規模接種センターを訪れた人たち=東京都千代田区の大手町合同庁舎3号館で2021年6月17日午前11時38分、小出洋平撮影
新型コロナウイルスワクチン接種の対象年齢が引き下げられた自衛隊大規模接種センターを訪れた人たち=東京都千代田区の大手町合同庁舎3号館で2021年6月17日午前11時38分、小出洋平撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い10都道府県に出されている政府の緊急事態宣言が、沖縄県を除いて20日で解除されることが決まった。感染者数を抑え込めていない中で、なぜこのタイミングの解除なのか。ワクチンを打ちに来た人たちに聞くと、「東京オリンピック開催ありき」と批判する声も上がった。

 自衛隊が東京・大手町で運営するワクチンの大規模接種センター。これまでは高齢者に限られていたが、17日から対象者が18~64歳にも拡大された。接種に来た人に緊急事態宣言の解除の賛否を聞くと、どちらの意見の人も「解除の判断は五輪が念頭にあるのだろう」と口をそろえた。

 神奈川県厚木市の斎藤康子さん(65)は「宣言を出しても感染者数が激減していないので効果は薄いのだろうけど、増やさないためには続けた方がいい」と話す。感染リスクを減らすため、同じ県内に住んでいても子どもや孫に1年以上会っていないという。

この記事は有料記事です。

残り517文字(全文910文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集