医療的ケア児支援法が成立 地域格差、是正求める 人材不足など課題も多く /東京

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
支援法に期待する福満さん(左)と華子さん=家族提供
支援法に期待する福満さん(左)と華子さん=家族提供

 医療的ケア児とその家族を支援する法(医療的ケア児支援法)が今国会で成立した。都会と人口が少ない地方では支援の格差があるため、支援法は「全国どこでも」「安心して」医療的ケア児を育てられる体制を国や自治体に求めている。ただ、地方で支援策を充実させるためにはケアを担う人材不足など課題も多い。関係者や親の声から今後の課題を探った。【賀川智子】

 たんの吸引や人工呼吸器など日常的に医療的なケアが必要な子どもはこの10年間で倍増し、全国に約2万人いる(19歳以下、2019年、厚生労働省)。新生児医療の進歩に伴う新しいカテゴリーだ。

この記事は有料記事です。

残り1603文字(全文1865文字)

あわせて読みたい

注目の特集