医王寺・開創300年 木造の本堂完成 老朽化で建て替え 紀美野 /和歌山

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
完成した医王寺本堂の前に立つ橋本真人住職=和歌山県紀美野町吉野で、藤原弘撮影
完成した医王寺本堂の前に立つ橋本真人住職=和歌山県紀美野町吉野で、藤原弘撮影

 江戸時代、高野山領の西端に位置した番所寺院として知られる紀美野町吉野の医王寺(橋本真人住職)で、本堂の建て替え工事が終わった。鉄筋造りだった本堂の老朽化に伴い、開創300年となる2021年に合わせ、「人々がほっとできる木造の本堂を」と、3年がかりで取り組み、ヒノキ造りで新築。5月に落慶法要を営んだ…

この記事は有料記事です。

残り99文字(全文249文字)

あわせて読みたい

ニュース特集