連載

ともに歩む

毎日新聞デジタルの「ともに歩む」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

ともに歩む

障害者福祉をこえて 仕事への自信、成長を実感 /和歌山

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
トイレ掃除用ブラシの組み立てや袋詰めを行う利用者たち=つくし共同作業所提供
トイレ掃除用ブラシの組み立てや袋詰めを行う利用者たち=つくし共同作業所提供

 「こんなに頑張れるんだ。本当にすごい!」。利用者の仕事ぶりに拍手を送りたくて、この原稿を書きました。

 社会福祉法人有田つくし福祉会が運営する「つくし共同作業所」(湯浅町)の仕事は、家庭用品製造の下請けが中心。他にもパンの訪問販売と、さをり織りの製品づくり・販売をしています。

 パンは作業所内で作り始め、訪問販売をしていましたが、2008年に念願かない「カフェ&ベーカリーオリーブ」(有田川町)という店舗を持ちました。オリーブのパンは評判となり、利用者の工賃も順調に伸びました。

 オリーブは利用者も増え、18年に独立して新事業所となりました。法人としては、パン製造販売のオリーブ、みかんと野菜づくりの早月農園、そして下請け中心で頑張るつくし共同作業所という特色ある3事業所を持つことになり、喜ばしいことでした。

この記事は有料記事です。

残り730文字(全文1085文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集