連載

翔べ!!V・ファーレン

長崎のサッカーを取材し、専門誌などにも執筆する長崎在住の藤原裕久さんがV長崎の情報を伝えます。

連載一覧

翔べ!!V・ファーレン

サッカー J1昇格の灯、再び大きく /長崎

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
リーグ戦初スタメンで決勝点をアシストした加藤選手
リーグ戦初スタメンで決勝点をアシストした加藤選手

 見事な先制弾だった。13日にトランスコスモススタジアム長崎で行われた松本山雅FC戦の前半20分、左サイドの沢田崇選手が、相手を引きつけたところで後ろから攻め上がってきた加藤聖選手にパス。フリーの加藤選手がゴール前にクロスを送ると、待ち構えていた都倉賢選手がヘディングシュート。ピッチの縦・横・前・後・高さ、全てを駆使した決勝ゴールに、都倉選手は「全てがかみ合った」と胸を張り、加藤選手のクロスを「最高」とたたえた。

 加藤選手は昨年加入した19歳。故障もあって、この試合がリーグ初先発となったが、松田浩監督が「十分に使える選手」と太鼓判を押すように、その能力は折り紙付き。出場予定だったU17ワールドカップがコロナ禍で中止になっていなければ、その名はもっと知られたことだろう。

この記事は有料記事です。

残り386文字(全文724文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集