湯平温泉 旅館を緊急避難所に 由布市、組合・観光協会と協定  /大分

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
協定書を手にする新開組合長(左)、麻生協会長(中央)、相馬市長
協定書を手にする新開組合長(左)、麻生協会長(中央)、相馬市長

 由布市と同市の湯平温泉旅館組合(新開勝組合長)、湯平温泉観光協会(麻生幸次協会長)は17日、災害時に湯平温泉の旅館を緊急避難所として活用する協定を結んだ。

 協定によると、市内で災害が発生した際、市の指定避難所に避難できない住民を組合加盟の19軒の旅館のうち10軒で受け入れる。最大60室、190人の…

この記事は有料記事です。

残り187文字(全文337文字)

あわせて読みたい

注目の特集