ナースキャップに夢と希望を 戴帽式で誓い新た 東九州龍谷高・衛生看護科2年 /大分

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ナイチンゲール像から手元のろうそくに炎を移す「戴帽生」
ナイチンゲール像から手元のろうそくに炎を移す「戴帽生」

 中津市の東九州龍谷高校(宇都宮俊一校長)で17日、衛生看護科2年生28人の戴帽式があった。9月に始まる予定の病院実習を前に実施しており、生徒たちは「目指す看護師になれるように」と改めて誓っていた。

 同校体育館では、憧れのナースキャップを付けた白衣姿の「戴帽生」が次々と登壇した。近代看護の創始者、フ…

この記事は有料記事です。

残り145文字(全文295文字)

あわせて読みたい

注目の特集