特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナ 9都道府県、緊急事態解除決定 酒類提供、7時まで容認

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見する菅義偉首相(手前)。奥は新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長=首相官邸で17日、幾島健太郎撮影
記者会見する菅義偉首相(手前)。奥は新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長=首相官邸で17日、幾島健太郎撮影

 政府は17日、新型コロナウイルス感染症対策本部会合を首相官邸で開き、10都道府県に発令中の緊急事態宣言について、沖縄を除く9都道府県で期限の20日で解除すると決めた。このうち東京、大阪など7都道府県は21日から「まん延防止等重点措置」に移行する。菅義偉首相は対策本部会合で「全国の感染者数は5月中旬以降、減少が続き、病床の状況も確実に改善されている」と述べた。

 まん延防止措置の適用地域では感染対策など条件を満たした飲食店に酒類提供を午後7時まで認めるが、知事の判断で制限も可能とした。首相は17日の記者会見で「感染が再拡大し、医療の逼迫(ひっぱく)の兆しが見られた場合は、酒類提供の一律停止やイベントの厳格な開催制限などで機動的に対処する」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り1264文字(全文1591文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集