末期がんのAV男優、自伝を出版へ 息子に残す印税とメッセージ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「伝説のAV男優 沢木和也の『終活』 癌で良かった」の表紙=彩図社提供
「伝説のAV男優 沢木和也の『終活』 癌で良かった」の表紙=彩図社提供

 末期がんと闘うアダルトビデオ(AV)男優、沢木和也さん(54)が、これまでの半生を赤裸々につづった自叙伝「伝説のAV男優 沢木和也の『終活』 癌で良かった」(彩図社、1430円)を29日、出版する。

 沢木さんは昨年4月、食道と下咽頭(かいんとう)のがんを公表。今年に入ってからは治療を断念し、最近は動くこともままならなくなった。この春から高校生になった一人息子の野球の練習を遠くから見守ることが生きる支えだったが、それもかなわないという。

 沢木さんは、1988年に21歳でAV男優デビュー。「ナンパもの」と呼ばれるジャンルで、派手な姿で女性をナンパする役どころがはまり、人気を集めた。30年以上、第一線で活躍し、撮影現場に通い続けた。

この記事は有料記事です。

残り422文字(全文740文字)

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

注目の特集