北海道・旭川中2死亡 女子生徒、昨年11月に民間窓口に相談

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
北海道旭川市
北海道旭川市

 北海道旭川市で3月に当時中学2年の女子生徒が遺体で見つかった問題で、女子生徒は2020年11月、市内の民間の子ども相談室にいじめの悩みを相談していた。17日、相談室への取材で明らかになった。

 女子生徒は19年に複数の中学生などからいじめによる被害を受けた疑いがあり、第三者委員会が調査中。市教育委員会は女子生徒の相談を把握していなかったとして、第三者委に報告した。

 相談室の代表者によると、女子生徒は「小学生のころからいじめられ、中学でいじめがひどくなった」と説明。会員制交流サイト(SNS)で「嫌なことをされた」と話した。過去の例から「嫌なこと」は性的なことが多いため、確認したが女子生徒はそれ以上話さなかったという。

この記事は有料記事です。

残り231文字(全文542文字)

あわせて読みたい

注目の特集