千葉・船橋の国内最古級貝塚など史跡指定へ 錦帯橋は文化的景観に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
千葉県船橋市の取掛西貝塚=同市教育委員会提供
千葉県船橋市の取掛西貝塚=同市教育委員会提供

 文化審議会は18日、千葉県船橋市にある国内最古級の「取掛西貝塚」など10件を史跡に指定するよう萩生田光一文部科学相に答申した。名勝と天然記念物各1件の指定と山口県岩国市の観光名所・錦帯橋と周辺の街並みを重要文化的景観に選定することも求めた。秋にも答申通り告示される。

 取掛西貝塚では縄文時代早期の竪穴住居跡や石器、動物の骨が見つかった。豊富な出土品から当時の生活を復元できる希少な遺跡と評価された。

 明治、大正期に操業した岩手県住田町の民間製鉄所跡「栗木鉄山跡」や、京都・東寺領の荘園で製塩の跡が残る愛媛県上島町の「弓削島荘(ゆげじまのしょう)遺跡」なども史跡になる。名勝には同県大洲市の「臥龍山荘庭園」、天然記念物には愛知県豊橋市の「葦毛(いもう)湿原」が指定される。

この記事は有料記事です。

残り526文字(全文862文字)

あわせて読みたい

注目の特集