寛仁親王妃信子さま、骨折した腰椎の経過観察のため入院へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
寛仁親王妃信子さま=武市公孝撮影
寛仁親王妃信子さま=武市公孝撮影

 宮内庁は18日、寛仁親王妃信子さま(66)が2019年9月に骨折した第1腰椎(ようつい)の経過観察のため、22~23日に慶応大学病院(東京都新宿区)に検査入院されると発表した。

 信子さまは19年9月に住まいの宮内庁分庁舎(千代田区)で転倒。同病院で骨折と診断されてそのまま約半月間、入院した。同庁に…

この記事は有料記事です。

残り53文字(全文203文字)

あわせて読みたい

注目の特集