札幌の住宅街にクマ出没 専門家「侵入防ぐ方策が必要」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
猟友会によって駆除されたクマ(中央)=札幌市東区で2021年6月18日午前11時13分、貝塚太一撮影
猟友会によって駆除されたクマ(中央)=札幌市東区で2021年6月18日午前11時13分、貝塚太一撮影

 札幌市東区の住宅街に18日出没したクマは、石狩方面から南下して住宅地近くに生息していたとみられ、専門家は「侵入を防ぐ方策をとる必要がある」と対策強化を訴えている。

 札幌市によると、今年度の市内のクマ目撃情報は、足跡やフンを含め40件でほぼ例年並み。通常はクマの生息域である山林が近い南区や西区での目撃がほとんどだが、今年は5月下旬以降、北区での目撃が相次いでいたといい、市の担当者は「東区でクマの出没は非常に…

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文514文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集