特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

ブラジル変異株の病原性は従来と同等 東大チーム「ワクチンも有効」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
集中治療室で新型コロナウイルスの患者の面倒を見る医療従事者=ブラジルのリオデジャネイロ州ドゥケ・デ・カシアスで2021年3月24日、AP
集中治療室で新型コロナウイルスの患者の面倒を見る医療従事者=ブラジルのリオデジャネイロ州ドゥケ・デ・カシアスで2021年3月24日、AP

 新型コロナウイルスの変異株の一つであるブラジル由来変異株の重症化のしやすさは、昨年まで国内で広がっていた従来株と同程度で、ワクチンも有効であるとの研究結果を、河岡義裕・東京大医科学研究所特任教授(ウイルス学)らの研究チームが米国科学アカデミー紀要(PNAS)電子版に発表した。

 国内では昨年まで、中国・武漢市で当初流行したウイルスや欧州株が流行していた。だが今年に入ってからは、英国で初めて確認され感染力が強い「N501Y」、インドで見つかった「L452R」変異株などに置き換わった。厚生労働省によると、今月14日時点に確認された変異株は、英国株を除くとインド株が117人と最も多く、ブラジル株の80人、南アフリカ株の24人と続く。ブラジル株は主に千葉、埼玉両県で確認されている。また世界保健機関(WHO)によると、ブラジ…

この記事は有料記事です。

残り543文字(全文905文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集