特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

復興「諦めないのが激闘王」 ボクシング元3階級王者が聖火リレー

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
聖火ランナーとして故郷の岩手県北上市を走るプロボクシング元3階級王者の八重樫東さん=同県北上市で2021年6月18日午後1時38分、山田豊撮影
聖火ランナーとして故郷の岩手県北上市を走るプロボクシング元3階級王者の八重樫東さん=同県北上市で2021年6月18日午後1時38分、山田豊撮影

 プロボクシング元世界3階級王者の八重樫東(あきら)さん(38)が18日、生まれ育った岩手県北上市を聖火ランナーとして走った。現役時代には何度打たれても前に進む泥臭いスタイルから「激闘王」と呼ばれたファイター。東日本大震災からの復興途上にある古里・岩手への思いを胸に走り切り、「震災からの復興はコロナの影響でさらに滞っている。支援活動を続けるので一緒に頑張りましょう。諦めないのが『激闘王』です」と笑顔で語った。【山田豊】

 新型コロナウイルスの感染拡大で聖火リレーへの参加を辞退する著名人が相次いだが、悩んだ末に走ることを決めた。「賛否両論あるが、スポーツはいろんな人を勇気づけてきた。元気になってくれる人がいれば」との思いに背中を押された。

この記事は有料記事です。

残り553文字(全文874文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集