2年ぶりバルーンフェスタ開催へ 歴史上初めての無観客 規模縮小・海外選手受け入れず /佐賀

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
バルーンフェスタの開催概要を発表する組織委のメンバー
バルーンフェスタの開催概要を発表する組織委のメンバー

 佐賀バルーンフェスタ組織委員会は18日、佐賀市役所で記者会見し、2年ぶりとなる「佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」の実施要領を正式発表した。新型コロナウイルス対策として、開催期間を11月3~6日に短縮。1980年から40年を超える歴史の中で初めての無観客開催に踏み切る。【高橋広之】

 組織委によると、主な会場は嘉瀬川の河川敷。例年約110機だった参加機数を約70機に減らし、海外選手・役員は受け入れない。大会の参加者全員に新型コロナのワクチン接種証明書の提出を求めるなど、対策を徹底して実施するとしている。

 5カ月前に発表した理由について組織委は「コロナ禍で通常開催が厳しい中、7、8月から準備しないと間に合わず時期が差し迫っていた」と説明した。

この記事は有料記事です。

残り365文字(全文692文字)

あわせて読みたい

注目の特集