特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナ 難民ら8240万人、過去最多 国境封鎖で国内避難が増加 UNHCR

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)は18日、内戦などで故郷を追われた難民や難民申請者、国内避難民が2020年末時点で過去最多の8240万人となり、10年前から倍増したと発表した。新型コロナウイルスの世界的大流行(パンデミック)により多くの国で国境が閉鎖されたため、国外までたどり着いた難民の数はパンデミックがなかった場合より150万人少なかったと推計している。

 UNHCRの報告書によると、20年5月時点で164カ国が何らかの形で国境を閉鎖した。このうち99カ国では難民認定を求める人の入国も認めなかった。このため新たな難民申請者の数は前年より45%減った。グランディ難民高等弁務官は「新型コロナで国境越えが難しい状況になり、国内避難民の数が必然的に増加した」と指摘した。

この記事は有料記事です。

残り173文字(全文512文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集