「断ったら内定取り消しだよ」 女性に性的関係迫る 日本製鉄、社員を懲戒解雇

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 国内鉄鋼最大手の日本製鉄で人事を担当していた男性社員(当時)が、入社予定の女性に性的関係を迫っていたことが18日、明らかになった。女性は精神的ショックを受け、現在も入社していない。日鉄は男性社員を懲戒解雇した。毎日新聞の取材を受けた日鉄は「不適切な行動」があったと公表したが、詳細は伏せている。

心労で入社できず

 日鉄は18日、この問題をホームページに掲載し、男性社員について「入社予定者の方と私的なやりとり・面会」などを行っていたと陳謝。再発防止策として、採用活動における社内ルールの強化・徹底などを挙げた。毎日新聞は16日に取材を申し込み、事実関係や詳細について質問したが、日鉄は「個人情報に関わる」として回答を避けた。

 ところが、毎日新聞が入手した男性社員と女性のLINEのやり取りでは、男性社員が好みの女性の容姿を記した後、「すべて一致したのが<女性の名前>」「それで採用しているから 笑笑」「会いたい」と執拗(しつよう)に迫る様子が浮かび上がる。

この記事は有料記事です。

残り677文字(全文1105文字)

あわせて読みたい

ニュース特集