特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

職域接種 8割が「実施」「予定」 そのうち9割「非正規対象」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
全日空が開始した新型コロナウイルスワクチンの職域接種で、ワクチン接種を受ける国際線のパイロット(右から2人目)=羽田空港で2021年6月13日午前11時40分、手塚耕一郎撮影
全日空が開始した新型コロナウイルスワクチンの職域接種で、ワクチン接種を受ける国際線のパイロット(右から2人目)=羽田空港で2021年6月13日午前11時40分、手塚耕一郎撮影

 新型コロナウイルスワクチンの企業や大学での「職域接種」が21日から本格化する。毎日新聞が国内の主要企業にアンケート調査をしたところ、約半数が「実施する」と回答した。「実施する予定」と合わせると約8割に上った。残る約2割は「検討中」で、「実施しない」と回答した企業はなかった。ワクチン接種に対する企業の積極的な姿勢が鮮明になった。

 全国の主要企業127社を対象に、6月11日を締め切りにアンケートした。123社から書面で回答を得た。「実施する」は61社、「実施する予定」は37社、「検討中」は25社だった。

この記事は有料記事です。

残り662文字(全文915文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集