田中圭さんら感激新た 映画「ヒノマルソウル」公開記念あいさつ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
映画「ヒノマルソウル」の舞台あいさつで、出演者やスタッフが書き込んだ主演の田中圭さんへの寄せ書きを手にする(右から)小坂菜緒さん、山田裕貴さん、田中さん、土屋太鳳さん、眞栄田郷敦さん、飯塚健監督=東京都港区で2021年6月19日、竹内紀臣撮影
映画「ヒノマルソウル」の舞台あいさつで、出演者やスタッフが書き込んだ主演の田中圭さんへの寄せ書きを手にする(右から)小坂菜緒さん、山田裕貴さん、田中さん、土屋太鳳さん、眞栄田郷敦さん、飯塚健監督=東京都港区で2021年6月19日、竹内紀臣撮影

 映画「ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~」(毎日新聞社など製作委員会)の公開記念舞台あいさつが19日、東京・六本木のTOHOシネマズ六本木ヒルズで開かれ、主演の田中圭さんをはじめ、土屋太鳳さん、山田裕貴さん、眞栄田郷敦さん、小坂菜緒さん(日向坂46)と飯塚健監督が登壇した。コロナ禍の影響で公開が丸1年延期になっていた。

 1998年長野冬季五輪のスキージャンプ団体金メダルを陰で支えたテストジャンパーたちの実話を描いた。テストジャンパーの西方仁也さん役を演じた田中さんは「実際のテストジャンパーの皆さんの思いを伝えられる作品になった。多くの人にこの物語を知ってほしい」と語り、妻役の土屋さんは「(モデルとなった)西方さんや原田雅彦さんら多くの人が気持ちをつないでスクリーンから大きく飛んだ作品を愛してください」と呼びかけ…

この記事は有料記事です。

残り68文字(全文429文字)

あわせて読みたい

注目の特集