特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

東京2020

聖火、思いを胸に 3日かけ16市町村リレー /宮城

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
東日本大震災後に再建された住宅地で東京オリンピック聖火リレーのトーチを手に走る千田健一さん=宮城県気仙沼市で2021年6月19日午前10時8分、和田大典撮影
東日本大震災後に再建された住宅地で東京オリンピック聖火リレーのトーチを手に走る千田健一さん=宮城県気仙沼市で2021年6月19日午前10時8分、和田大典撮影

 東京オリンピックの聖火リレーが19日、県内で始まった。21日までの3日間、東日本大震災による津波の被害が大きかった沿岸部を中心に16市町村でトーチをつなぐ。初日は気仙沼市から南下し、南三陸町、石巻市を経て女川町でゴール。梅雨入りしたとみられる雨の中、ランナーや沿道の人々はさまざまな思いで聖火を見つめた。【面川美栄、百武信幸、滝沢一誠】

この記事は有料記事です。

残り2311文字(全文2480文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集