避難所利用者 災害時の関連死防止へ 長崎市など、健康管理システム協定 /長崎

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 災害時に避難所利用者の健康状態をデータ管理し災害関連死などを防ごうと、長崎市や長崎大、長崎災害リハビリテーション推進協議会など7者が19日、遠隔で避難者の体調を確認できるシステムを実用化する協定を結んだ。避難所でも課題となっている新型コロナウイルスの感染拡大防止対策にもなる。

 東京大大学院の染谷隆夫教授が開発した小型のセンサーを避難…

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文422文字)

あわせて読みたい

注目の特集